帰省二日目~中華編~

帰省二日目~中華編~

マリノアでのデートを思う存分楽しんだあと、義父母宅へ戻りました。

息子もいつもよりかまってもらえるのが嬉しかったのか、ほとんどぐずらなかったようで一安心です。

いつもは寝るときは添い乳じゃないと寝ないのに抱っこされると寝たみたいです。

私の時もそうしてくれると楽なのに…なんて思ってしまいます。

18時からのお店の予約とのことで、17時過ぎからぷらぷら散歩がてら歩いて行くことになりました。

お店は六本松の駅から少し歩いたところにあるようで、王さんも来たりするお店のようです。

確か「にい好!朋友」という名前のお店だったと思います。最近中華を食べていなかったので楽しみでした。

家からゆっくり40分くらい歩いて少し筋肉痛っぽくなりながら、予定よりも15分ほど早くお店につきました。

まだ5時台だというのにお店にはすでに3組ほどお客さんがいました。

とてもよい香りがします。

義父母は何度か来たことがあるようなので注文はお任せすることにしました。

ここのお店はピーマン炒めとトマト卵炒めが有名なようです。

そしてあとは水餃子など数品とビールを頼んでいました。

するとほどなくしてピーマン炒めが出てきました。

そこから次々と注文の品が出てきてあっという間に机の上がいっぱいになりました。

注文してからでてくるスピードがかなり早いです。王将もびっくり!といった早さでした。

提供の早さもですが、味もとっても良いです。

今まであまり聞いたことのないメニューで少しひやひやしていましたが、杞憂に終わりました。

ピーマン炒めとってもおいしかったです。

また、どの料理も野菜が大きくて食べ応えがあります。

ついてから30分もしない間に満腹になりました。

まだ18時15分くらいだったので、帰りに大濠公園を通って帰ることにしました。

それまで寝ていた息子も目を覚まし、散歩を楽しんでいました。

犬が大好きな息子は公園を散歩している犬を見て大喜びです。

それを見て義父母も大喜びです。なんだかとても心がほっこりしました。

大濠公園は整備されていて散歩にちょうどよかったです。池にはコイやカメもいて大人から子供まで楽しめました。

家の近くにこんな公園があったらいいのになぁと思います。

今度は花火の時に来たいです。

フィットシャトルハイブリッド

ついティッシュをもらうこと

俗に「販促物」と言いますが、たとえば駅前でよくティッシュを配っているおにーさんがいますね。あのティッシュに店の名前や電話番号なんかが印刷されており宣伝材料となっているわけです。ティッシュは受け取らない人もたくさんいるけれど、同時に受け取る人も確実にいるのは確かです。

夏場はうちわの販促物をけっこう見かけますね。

花火大会や外でのイベントなどで配られています。団扇はなかなか、けっこうな宣伝媒体な気がします。だってわが家ではいまだに5年ぐらい前にどこかのイベントステージで配っていた団扇が現役でのこっており、ちらし寿司を作るときに活躍していますから。

そのたびにチラっと目をやり、5年前に売り出していたらしいマンションのモデルルームの間取りに感心してしまいます。

その間取り、たまたまなのですが私が「理想」と思っているのに近いもので収納部分とかベランダの配置に至るまでかなり望むものに近いのです。もっともお値段は希望というより夢という感じですがね。

でも毎年、ちらし寿司を作るたびにこの団扇をもらったときのことや、「この間取りがいいんだけどねぇ、あれから5年たつけどマンション購入は果たしてないや」なんて思うのだから、団扇保存率、高し、です。

ただで配られているもので、チラシや紙っぺらだと、まぁ確かにあまり注意をひきませんね。

そのあたり、やっぱり主婦なんて手堅いので(笑)

ティッシュがついていたり、何かせめてクーポンとか、子供連れだと可愛いシールがついてるとか、そんなちょっとしたことでも「オマケ」の具体的なものがあると手にして、実際に視線を向けると思います。

だけど断捨離の時代だし、エコ節約という観点から「いらないものを配る」「無駄にゴミになるものをだす」というのは、あまり環境にもよくないのではないかという意見もあるようです。

いや、それも一理ありますけどね。

でも私はつい、団扇やティッシュはもらってますよ。

ちなみにティッシュ配りのバイトをした経験のある息子によると、無言でつきだすより笑いながらなにげなく前に立つようにして渡すほうが受け取ってもらえることが多く、受け取るしかないような絶妙なタイミングというのがあるそうです。ティッシュ配り名人ってのがいるらしいですね。

息子が言うには、「一度ママぐらいのおばちゃんが来て、ティッシュ5コくれ」と言われたこともあるそうですけどね(笑)

ママぐらいのおばちゃん、の言葉にひっかかるものがありますが。

ふくらはぎ痩せ二の腕痩せ